難波芳之 ~ヴィオラLife~

仕事や演奏活動、日々の生活での出来事をお伝えします。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









協奏曲
今週は先週の「コンチェルト定期演奏会」に続き協奏曲を2曲

ここ2週間協奏曲尽くめだった訳ですが、やはり協奏曲は交響曲や
オペラ等とはまた違った難しさがあります。

指揮者とソリストでのコンタクト、そしてそこにオケが加わる訳ですが。

一般的には指揮者は事前にソリストとある程度打ち合わせを済ませ
細かい部分を実際に合わせてみて様子を見るのですが。

たまに指揮者とソリストとでコンタクトが取れていない場合があります。

その場合はオケ全体でどちらに付けるかをハッキリさせておけば
大きな問題はおきません。

ですが指揮者に合わせる奏者、ソリストの演奏に合わせる奏者で
分かれてしまうと全体的に「あれあれ…?」といった状況に

本日の「コントラバス協奏曲」と「チェロ協奏曲」

「コントラバス協奏曲」の方は問題無かったのですが、「チェロ協奏曲」
の方でまさにその問題が発生

ソリストの巨匠チェリストは昨日より全体的に前に行く感じの演奏。

指揮者はそれに対してオケは走らない様に落ち着いて…といった感じの指揮。

ここでソリストと指揮者の間で微妙な誤差が生まれます。

こういった場合、大抵はオケ全体でソリストに合わせます。

しかし本日は指揮に合わせる方とソリストに合わせる方とで半々状態

私もどちらに合わせたものかと悩みながら演奏していましたが、演奏途中で
巨匠ソリストから直接アイコンタクトを送られたのでソリストに合わせ。

曲半ば辺りから巨匠が自身で小さく指揮したりしていたのですが
配置上、弦楽器外側に座ってた人達以外は見えなかった事でしょう

なので本日の「チェロ協奏曲」は全体的に少し残念な結果に…

でも周りがどういった状況であれ、しっかりと演奏を付けれてこその
プロなので自分自身もまだまだだなぁ

2週間かけて改めて協奏曲のオケ伴奏の難しさを再認識となりました。
2012/11/15/23:40:28  お仕事日記/CM:3/TB(-)/







new : ぶかぶか
MAIN
old : 会議
COMMENT
 日程   from - なおみん
弦楽アンサンブルで昔お世話になっておりました○山です。
あの先生のチェロコンチェルト、都合がついたら聞きにいきたいんですが、
いつ公演されるのでしょうか?
昭和音大HPでわからなかったので。
2012.11.18-07:17/なおみん/URL/EDIT/   




    from - 難波芳之
〇山さん、お久しぶりです!
チェリストK先生が出演される演奏会ですね?
すみません!自分が関わっていない演奏会の詳細は知らないのです。
記憶が確かならば今月下旬だった気がします。
昭和音楽大学に電話で「チェロのK先生がドヴォルザークのチェロ協奏曲で
出演される演奏会…」と問い合わせれば大丈夫だと思いますよ!
う~ん…23日・25日・28日のどれかだったような?(笑)
2012.11.19-00:54/難波芳之/URL/EDIT/   




 K先生コンサート   from - なおみん
わかりました。ありがとうございました!
2012.11.19-05:36/なおみん/URL/EDIT/   




COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪




MAIN






copyright © 2006 難波芳之 ~ヴィオラLife~. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。